勤務地 給与 maru
幼い頃の「特別な思い出」を、
今度は私がお客様に提供したい

総合職(販売職)正社員スタッフインタビュー

2019年入社/婦人服 スタイリッシュガーデン売場/R.M

スタッフインタビュー

志望動機と、入社後の研修について教えてください

埼玉県で生まれ育ち、子どもの頃から家族でよく訪れていたのが丸広百貨店でした。今でも店内のレストランで食事をしたことを思い出します。
その後、経験した初めてのアルバイトはドラッグストア。両親が接客業をしていた影響か、お客様と直接関わる仕事がとても楽しく、自分に合っていると感じました。
就職活動にあたり、ほかの業界も考えましたが、やはり自分が働いている姿をイメージできたのは接客業でしたね。そこで、幼少から特別な場所だった丸広百貨店で、自分の接客を通してお客様に楽しい思い出を作ってほしいと思い、入社を決めました。

私が配属されたのは婦人服を扱うスタイリッシュガーデン。研修では “販売のプロセス”をいちから教わりました。お声がけの仕方から一つひとつ説明してもらえたので、理解もしやすかったです。このとき販売の基礎を教わったからこそ、現場で状況に応じた対応ができていると感じます。

仕事において大切にしていることを教えてください

仕事をする上で心がけているのは“お客様の立場で考え行動すること”と“報告・連絡・相談”です。 
自分が客として売場に来たとき、どう接してもらうと心地よい買い物ができるかを、常に考えるようにしています。また、報告・連絡・相談はどの仕事にも通じる大切なこと。入社当初から徹底するように心がけていますね。
「お客様との関係をしっかり構築することが百貨店の信頼につながる」。このような意識はアルバイト時代からありましたが、先輩方の接客を毎日見ていて、改めて重要だと気付かされています。

会社の魅力を教えてください

就職活動時、重要視したポイントのひとつに“産休・育休”や“時短勤務制度”の充実がありました。女性としていつかライフステージが変化しても、できるだけ長く働きたいという想いがあったからです。
その点、丸広百貨店はとてもよい職場環境でした。現在、一緒に働いている先輩も時短勤務を利用していますし、育児休暇終了後は同じ部署に復帰が可能です。私にとって、将来の不安なく働くことができているのはメンタル面にもいいですね。

百貨店と聞くと敷居が高く感じられるかもしれませんが、地域密着という“親しみやすさ”が大きな魅力です。入社後は丁寧に指導してもらえるので、安心してお越しいただければと思います。

1日の流れ

総合職(販売職)の1日

9:00出社

出社

更衣室で制服に着替えます

9:20開店準備

開店準備

売場の清掃やノートで引継ぎ事項を確認

9:45朝礼

朝礼

唱和や伝達など。曜日ごとに内容は異なります

10:00開店

開店

午前中は接客販売や届いた商品の検品作業、売場づくりなど

12:00昼食

昼食

食堂でランチタイム。同期と一緒に食べることもあります

14:00接客

接客

そのほか商品の品出しや、メーカーへ在庫確認、お取寄せなど

16:00休憩

休憩

休憩室でリフレッシュします

19:00閉店

閉店

清掃やお客様ノートの記入をして明日の営業に備えます

採用情報

採用情報

丸広百貨店では、各職種で募集を行っています。
どの職場も未経験の方がチャレンジしやすい環境を整えています。
PAGE TOP